ウッドデッキを設置して気持ち良いバルコニーを作ろう

SITEMAP

木造の家

布団干しは日当たり良好なウッドデッキで

椅子

住宅が密集して建てられている地域では、1階の居間の外にある庭の日当たりが悪いことも珍しくありません。そのため、庭で洗濯物や布団を干すにも、ろくに日が当たらないので渇きが悪いという問題があります。そんな問題を抱えているお宅におすすめなのが、2階の窓から出入りできるバルコニーを設置して、そこを洗濯物や布団を干す場所として使うことです。最近は、自宅にバルコニーを設置するのに、ウッドデッキを作るのが人気ですので、専門業者へ依頼して、ウッデッキタイプのバルコニーを作ってみてはいかがでしょうか。
ウッドデッキを設置する目的が布団や洗濯物を干せる場所を作ることなら、南向きで、布団や洗濯物を十分に干せるだけのスペースがある場所ということになります。また、繊維を使ったものを扱う場所になるので、素材にはささくれが発生しない人工木が適切と言えます。バルコニーを折角ウッドデッキで作るのなら、木材の自然で綺麗な模様や風合いを生かしたデザインにしたいところですが、人工木でもその点は心配いりません。また、濡れたものを扱う場所ということで、染みや汚れの心配がありますが、人工木素材のウッドデッキなら、デッキブラシで水洗いするだけで綺麗にできます。広めのウッドデッキを設置して、存分に布団や洗濯物を干せるようにしましょう。

LATEST RECENT

TOP